So-net無料ブログ作成

「Van Halen II」Van Halen [HAD ROCK・HEAVY METAL]

今回は日曜日に中古で買ったヴァン・ヘイレンの「伝説の爆撃機」を紹介します。

VH2-001.jpg


実はたまたま行った近くのあまり有名でない古本屋のチェーン店に、何故かヴァン・ヘイレンの紙ジャケCDが全て置いてありました。
値段も1,780円とリリース時期を考えたら、いい価格だったので1枚購入した次第です。でも全タイトル揃っているのなら普通でいけば1stか「1984」あたりを普通なら購入するのでしょうけど、自分は迷わずこの「伝説の爆撃機」を選びました。
2曲目の「Dance The Night Away」が意外と好きだったことと、「Spanish Fly」を聴いてみたかったことが今回の購入の決め手でした。

実はヴァン・ヘイレンについては今までLP・CD含めて購入したことなかったのです。(レンタルで1984借りたことありましたけど…)どちらかというとブルージーなギターリストの方が好みというのもあってか、どうしても優先順位からすると後手後手になってたのでしょうね。
後、デビッド・リー・ロスが1985年に脱退して、後任ヴォーカリストがサミー・ヘイガーだったのも大きな痛手でした。
正直言ってサミー・ヘイガーって個人的に大嫌いなもので…(ファンの方ゴメンナサイ)

ちょっと話が逸れてしまいましたが、「伝説の爆撃機」は1979年に発表されたヴァン・ヘイレンの2枚目のアルバムになります。何でもライナー読んだところによるとたった6日間でレコーディングが終わったらしいです。
アルバムを聴くと、そういった短期間でのレコーディングがいい方向に作用されているのが伝わります。おそらくライヴ・レコーディングに近い形だったのでしょうね。
以前レンタルで借りて聴いた「1984」に比べても荒々しくソリッドなサウンドになっています。

エディー・ヴァン・ヘイレンのギタープレイもトリッキーな部分も出してはいますが、あまり冗長なソロとかは弾かず曲を生かしたギタープレイをしています。
あまり黒っぽい色を感じさせないサウンドではありますが、アメリカ人らしいカラッとしているうえに、テクニカルながらガレージっぽさも残しているのも面白いです。
あと、曲も意外とポップなメロディラインの曲も多いから、意外と聴きやすい部分もありますね。

しかし、このバンドは意外とサビのコーラスが多いのは謎な感じがしますが…。
最後に内袋も載せておきます。

VH2-002.jpg


VH2-003.jpg


1. You're No Good
2. Dance The Night Away
3. Somebody Get Me A Doctor
4. Bottoms Up!
5. Outta Love Again
6. Light Up The Sky
7. Spanish Fly
8. D.O.A.
9. Women In Love...
10. Beautiful Girls



伝説の爆撃機(紙ジャケ)

伝説の爆撃機(紙ジャケ)

  • アーティスト: ヴァン・ヘイレン
  • 出版社/メーカー: Warner Music Japan =music=
  • 発売日: 2008/04/23
  • メディア: CD



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。